本文へスキップ

日本の原風景と昔ながらの手作り体験を楽しむ旅。


たくみの里takuminosato

昔ながらの手法をそのままに、木工、竹細工、和紙などの様々な手作り体験ができるたくみの里。
    きれいな空気、きれいな水、たくさんの笑顔に囲まれ時間さえもゆっくりと流れてゆきます。

たくみの里

豊楽館

群馬県の最北端、谷川岳から連なる三国峠を越えるとスキー場で有名な苗場の新潟県湯沢町に接するみなかみ町。中央を国道17号と利根川の支流・赤谷川が縦貫し、秘湯で有名な法師温泉や猿ヶ京温泉をはじめとする6つの温泉に隣接しています。 山と水と温泉、そして農業と観光の中山間地域です。
 関越自動車道・月夜野ICやJR上越新幹線・上毛高原駅から車で20分、首都圏からも160kmと小旅行に最適な地域にあります。

 フランスのタイヤメーカーミシュランが発行する、世界的に著名な旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン フランス語版改訂第2版」では、みなかみの自然や温泉・日本の風景が評価され、小旅行に最適な観光地として「たくみの里」も紹介されています。 

須川平

香の家

 たくみの里は、標高は500〜600m、面積は330ヘクタール須川・笠原・谷地・東峰の4集落からなる須川平(すかわだいら)にあります。
 昭和50年代までは養蚕を中心にした純農村でした。現在でも水田を中心に農地が多く、宿場通りには養蚕に適した特徴ある構造の民家など農村風景が広がります。
 四季がはっきりと感じられ、冬には雪が積もり、夏も日中は暑くても朝晩は肌寒く感じるほど寒暖が大きい気候です。この気候と清流は稲作には適しており、群馬県内でも優良な米の産地となっています。

三国街道 須川宿の歴史

江戸時代初期に整備された五街道・中山道から高崎で分岐する旧三国街道は、福寿茶屋佐渡で産出された金の運搬や参勤交代で江戸と越後を結ぶ重要な交通路でした。
 上杉謙信も出兵の際は三国峠を越え関東へ向かいました。
 また、たくみの里の熊野神社(右写真)は源頼義が前九年合戦の折、この地を訪れ戦勝祈願の為、紀州熊野神社の分霊を勧請し社殿を建立したのが始まりとされます。
                         泰寧寺 山門 


たくみの里事業

ゲストルーム

 伝統手工芸・歴史文化・食文化の伝承と高齢者の生きがい対策を目的とし、地元の物産・農産物・人材を活用し始まった事業です。
 現在では20件以上のたくみの家が集落に点在し、どのたくみの家でも手軽に手づくり体験ができ、匠の職人技を見学することができます。
 宿場通りは、国土交通省の歴史国道に選定され、地域住民による植栽や電線を敷設するなど周囲の建物に配慮した景観となっています。

財団法人みなかみ農村公園公社(旧 財団法人新治農村公園公社)は、平成5年の設立以来長年にわたる実績が評価され、平成24年3月に第9回オーライ!ニッポン大賞グランプリ(内閣総理大臣賞)を受賞しました

たくみの家について

 たくみの里は「道の駅 たくみの里」の敷地内に限らず、一般の集落「須川平」にたくみの家が点在しています。
各たくみの家までの道のりを徒歩やサイクリングで散策を満喫していただくためにご利用いただける道の駅の駐車場は
無料で大型14台、普通自動車164台、身障者用3台(香りの家前を含む)のスペースをご用意しております。
展示・見学・ショッピングがたのしめるたくみの家と、手づくりも体験できるたくみの家の二種類があります。
たくみの家は、それぞれのたくみがオーナーとなりオリジナリティに溢れる作品や体験を提供させていただくため、1軒ごとに独立した経営となっております。
 個人でご利用のお客様は体験詳細やご要望・ご予約については直接各たくみの家へお問合せください。
 団体で体験される場合のご相談は、たくみの里体験予約センター(Tel 0278-20-6111)へお問い合わせください。
 

一般財団法人みなかみ農村公園公社の概要はこちら

店舗写真

information店舗情報

たくみの里 豊楽館

〒379-1418
群馬県利根郡みなかみ町須川847
TEL.0278-64-2210
FAX.0278-64-2220
→アクセス

(財)みなかみ農村公園公社の
        概要はこちら